活動報告

Tokyo健康ウオーク2016が行われました

Tokyo健康ウオーク2016
日時 2016年11月23日(水・祝)
会場 武蔵野総合体育館
主催 東京都、NPO法人ブレイブサークル運営委員会
後援 厚生労働省、武蔵野市、三鷹市、公益社団法人東京都医師会、
公益社団法人東京都歯科医師会、公益社団法人東京都薬剤師会、
公益財団法人日本対がん協会
特別協賛 オリンパス株式会社、栄研化学株式会社
協力 NPO法人東京都ウオーキング協会、公益財団法人東京都予防医学協会、
ホットマン株式会社、花王株式会社、フクダ電子株式会社、
江崎グリコ株式会社
内容 11月23日(水・祝)、NPO法人ブレイブサークル運営委員会と東京都主催による 『Tokyo健康ウオーク2016 ~むさしのを歩いて楽しく知ろう、大腸がん検診の大切さ~』が行われました。
当日は風が強くて気温も低いコンディションでしたが、武蔵野総合体育館から12kmと7kmのコースに分かれて総勢1,596人の方が参加しました。武蔵野市・三鷹市を歩きながらコース途中に設けられた大腸がんに関するクイズのヒントを探し、大腸がん検診の大切さも同時に学んでいただきました。コース上の井の頭公園では美しい紅葉を楽しむことができました。
また、40歳以上の参加者が受けることのできる無料大腸がん検診には802名の方が検体を持参しました。
ウオーキング終了後は、大腸がんの経験者でもあるゲストのランニングアドバイザー 金 哲彦さんと斎藤 博医師によるトークショーが、同じく大腸がんの経験者である原元美紀さんの司会で行われ、大腸がんの現状や検診の大切さについて学びました。


tkw2016web%e7%94%a8img_3591%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%83%88 
itkw2016web%e7%94%a8mg_3587%e3%82%a6%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%82%af 
hp1