大腸がんの精密検査

大腸がん検診の結果が陽性(+)なら必ず精密検査を受けましょう。

精密検査

detailed00
大腸がんの精密検査は大腸内視鏡検査です。内視鏡検査が困難な場合、他の検査を行います。
検査前に下剤等で腸内をきれいにして、肛門から内視鏡を入れ、大腸に異常がないか観察します。

detailed01
お尻の部分に切れ目のある検査着だと、お尻を出さずに検査を受けられます。

治療

早期の大腸がんであれば、おなかを切らずに内視鏡で取り除くことができるようになりました。

detailed03

進行がんでも、開腹手術や腹腔教手術、放射線療法、化学療法等、大腸がん治療の選択肢が増えています。