活動目的

設立目的

この法人は、広く一般市民に対し、大腸がんに関する啓発を実施している行政や法人、健康保険組合等の団体と連携してEBM(Evidence Based Medicine=科学的根拠に基づく医療)に基づき、大腸がんに関する調査研究、大腸がんに関する啓発を目的とした参加型イベント、大腸がんによる死亡者数の減少に貢献することによって、一般市民の健康と福祉の増進に寄与することを目的とする。

活動目標

私たちは大腸がんで亡くなる方を減らすことを目的とし、大腸がんの早期発見・早期治療に向けた取り組みを実施しています。

全体目標 大腸がん死亡率を20%低減(10年以内)
長期目標 大腸がん検診受診率50%以上の継続(5年以内)

私たちの役割

大腸がん検診・精密検査の受診奨励や啓発に用いる資材&ノウハウをがん対策関係者などに提供しています

私たちの役割

私たちブレイブサークル運営委員会は、大腸がんで亡くなる方を減らしたいと願い、「官・民連携による大腸がん検診・精密検査の受診勧奨の成功モデルづくり」に取り組んでいます。大腸がん検診・精密検査の受診率向上に寄与するため、受診勧奨や啓発に用いる資材やノウハウを開発し、国や地方公共団体のがん対策部門、各地のがん対策関係者等に提供しています。